石狩川流域サイクリングコースマップ(流域全体マップ)について

 流域全体マップとして公開するルートは「北海道のサイクルツーリズム推進に向けた検討委員会」(事務局:国土交通省北海道開発局・北海道。以下「検討委員会」といいます。)におけるモデルルートの一つとなり、当分の間、検討委員会が試行しているサイクリスト向けコミュニケーションサイト「サイクルート北海道」の専用ページでのみの公開となります。

  • ルートの概要について
     ルートは石狩川上流・層雲峡温泉(上川町)から、日本海へ注ぐ河口・はまなすの丘公園(石狩市)まで、河川空間と道路を織り交ぜた約241㎞の道のりを基幹ルートとし、航空機で来道されるサイクリストの皆さんにアクセスしていただけるよう、新千歳空港~札幌市間(千歳市街ほか経由と支笏湖経由の2ルート)と旭川空港~旭川市間の空港アクセス3ルートを加えた全長約430㎞に及ぶ長大ルートです。
  • コミュニケーションサイト「サイクルート北海道」について
    「サイクルート北海道」は、検討委員会から受託された(一社)シーニックバイウェイ支援センターが運営しており、こちらで公開される各ルートには、トイレや休憩施設などのスポット情報が表示され、ルートの評価や口コミ情報を投稿できる機能が備わっています。
  • 案内看板シールの設置について
     実際のルート上には、サイクリストが経路をわかりやすく理解できるよう、右左折で分岐する交差点に案内看板シールが設置されます。  案内看板シールの設置は、検討委員会事務局が主体となり、ルート上の河川及び道路管理者の協力を得ながら順次実施される予定です。
  • 「北海道におけるサイクルツーリズムの推進」に係る試行について
    試行に関する詳細は、国土交通省北海道開発局の報道発表資料(平成29年7月10日付け)をご参照ください。